日本とハワイの時差は何時間?時差ボケを予防するには?

海外旅行に行くと、気になるのが時差です。
日本とハワイとでは、19時間の時差があります。

計算方法としては、日本の時間より19時間引いた
時間がハワイの時間にあたります。

つまり、日本が19時だった場合、ハワイは日本と同じ日付の
午前0時ということになります。
日本が17時だった場合は、ハワイは一日前の日付の
22時ということになります。

日本から飛行機に乗って到着する時間は何時?

日本からハワイに出発すると、
およそ6時間半~7時間半程度で到着します。
ここでは、きりの良い7時間で到着したとして、
計算すると、
ハワイ便は夕方から夜にかけての出発が
多いので、
時間は19時とします。
計算の仕方は、出発時刻より12時間引いた分が
到着時刻となりますので、
(19時間の時差から飛行機の時間を差し引く)

日本を19時に出発すると到着するのは、
同日付の7時に到着するということになります。

同じような計算で、例えば、
21時に出発したとすると、
到着時刻は

21 - 12 = 9時(出発時と同じ日)
ということになります。

飛行機

時差ボケを予防するには?

ハワイについたのはいいけど、
すでに時差との関係で疲れ切っている
なんてことは防ぎたいですよね?
そこで少しでも時差ボケを予防する方法を
紹介いたします。

体内の感覚としては、日本を19時に出発すると、
日本時間ですとおよそ午前2時頃なのですが、
ハワイでは、出発時刻より12時間差し引いた
同日の7時となっています。
日本では深夜なのにハワイでは朝なので
しんどくなるのも無理はありません。

ここで時差ボケを予防する方法としては、
飛行機に乗ったらすぐに機内食を食べて(もしくは食べずに)
すぐに寝てしまうということです。
こうすることによって時差ボケをあまり感じないでしょう。
すぐに寝ると7時間くらいは寝れますし、
機内食を食べてすぐ寝たとしても4~5時間くらいは
寝れる計算になります。

ですが、これからハワイに行くということで、
神経も高ぶってることでしょうから、
なかなか眠れないと思います。

そういうときは、無理に寝ずに
軽く仮眠をとる程度にして、
到着一日目はちょっとしんどいですが、
頑張って起きて観光を楽しんだり
ショッピングを楽しんで、
その日の夜は早めに寝るようにして
ハワイの時間になれるということが大切です。
遅くても、1日2日で現地時間になれるかと思います。

また、違う方法として、
出発日の3~4日前より早寝早起きをして
時間を調節するというのも効果的です。
こうすることで、機内で眠りやすくなります。

ハワイから日本に帰ってくるときの時差ボケ予防は?

今度は反対にハワイから日本へ帰国するときの
時差についてです。
日本の方が19時間早く時間が進んでいますので、
ハワイで正午12時だった場合、日本は次の日の
午前6時ということになります。

帰りの飛行機は気流の影響で8時間~9時間程度
かかります。
たとえば、ハワイを11時に出発したとします。
9時間かかったとして、
日本へ到着するのはハワイ時間で、
20時ということになりますが、
時差の19時間を足して日本時間にすると、
(20+19)-24=次の日の15時
ということになります。

ハワイを出発するのは、ほとんどが
午前中のため、日本に到着するのは、
だいたい昼過ぎから夕方前という感じになるでしょう。

ですので、帰国の場合は時差ボケといっても
行きと比べると比較的楽だと思います。
帰ってきて、ゆっくりするだけなので、
次の日に差し支えるということも
少ないかと思います。

■ちょっと待った!海外でのスマホ使用

ちょっと気を付けなければいけないことは、ハワイでスマホを使用することです。
場合によっては多額のパケット料金が発生しますので、注意してください。

ハワイでスマホ使用で多額の請求・・・回避する方法は?

■スーツケースは買ったらもったいない??

あまり旅行されない場合、スーツケースを購入すると
高くついてしまい存することがあります。
そんな時は、スーツケースをレンタルされた方がお得になります。

レンタルスーツケースを見てみる

★☆★旅費を浮かすためにはこれ!!★☆★

楽天ポイントを稼いで、費用の足しにしよう♪♪♪
▼ ▼ ▼ ▼


コメントを残す




CAPTCHA