ハワイでの運転!初めてだとルールに注意!!

ハワイ旅行に行って、あちらでレンタカー借りて
いざ運転!!と、ここまではいいのですが、
もしハワイでの運転が初めてだった場合、
ハワイでのルールや標識の見方など
様々な注意点がありますので、
ハワイに行く前にあらかじめ勉強しておく必要があります。
こちらではハワイでの運転についての
注意事項を紹介いたします。

走行時のルールについて

いわずもがな、ハワイでは日本と違い
右側通行です。
また、アメリカ車なので、
当然左ハンドルです。

初めてのことだらけでしばらくは慣れないと
思いますが、
常に右側通行ということを意識していないと
ふとした瞬間に逆送してしまっている
なんてことも起こりえますので、
注意してください。

ポイントは、左側に中央線が見えるように
意識するということです。

スピード標識に注意

ハワイのスピード標識は「キロ」ではなく
「マイル」です。
1マイルはおよそ1.6キロメートルとなり、
標識に、「MINIMUN SPEED 25」と書いてある場合は、
およそ40キロとなります。

「SPEED LIMIT 35」と書いてある場合は、
およそ56キロ。

「MINIMUN SPEED 45」となっている場合は、
およそ72キロです。

日本の標識のように書いてある通りに走ると
とろとろ運転となってしまい、後ろの車に
クラクションを鳴らされますので注意してください。

ハワイの交通ルール

交差点に注意

ハワイの交差点は、信号に関係なく
赤信号であっても、右折することができます。
その場合は、一時停止してから、
歩行者と対向車が左折してくるのに
注意して進みましょう。(対向車が優先になります)

また、すべての交差点が信号に
関係なく右折できるわけではなく
「NO TURN ON RED」という標識がある場合は、
赤信号で右折してはいけません。
信号に従ってください。

片側2車線の場合、直進する場合は、
中央線側の車線を走ってください。
直進するのに、右側の車線で赤信号で
停車していると、後ろの車にクラクションを
鳴らされることがあります。

同じ道であってもスピード標識が変わる

同じ道であっても、ちょいちょい制限速度が
変わります。気づかずに走行していると
スピード違反になっているなんてことにも
なりますので、注意してください。
主に街の近くは減速します。

スクールバスには注意

スクールバスが子供を乗降するために
止まっている場合、追い抜いてはいけません。
もし追い抜いてしまうと違反になってしまいます。
そのまま待ちましょう。

スクールバス

停車時の注意

運転中は停車時であっても、
携帯で話したり、メールを送信したり
してはいけません。
また、信号待ちなどでデジカメで
風景を撮ったりすることも違反となります。

歩行者には注意

ハワイにはクロスウォーク法(横断歩道法)という
法律があり、歩行者が走行車線側を横断しているとき
横断歩道の中央を過ぎるまでは停車しなければなりません。
もしこれに違反した場合は、
150~1000ドルの罰金を支払わなければなりません。

レンタカーを借りるときに一緒に借りた方が良いもの

初めてのハワイ旅行。レンタカーを借りたとしても
道が全く分からないかと思います。
ですので、レンタカーを借りる際に
一緒に日本語ナビもセットで借りるようにしましょう。

なお、地名やスポット名だけでは検索しにくい
ということもあるので、
住所の書いてあるガイドブックを事前に用意しておいた方が
無難です。

なお、レンタカーは日本からでも予約できます。
こちらを参照してください。


ガソリンスタンドでの注意事項

ガソリンスタンドでは、だいたいがクレジットカード払い
となっています。
また、単位が「リットル」ではなくて「ガロン」です。

現金で支払う場合は、
ガソリンを入れる前に隣接している店で
お金を払います。

その関係で、コインパーキングに止めるときも
先払いとなっているので、
そのことに気づかず、お金を払わずに
車を離れてしまうと駐禁を取られてしまいます。

シートベルト着用は義務です。

日本でもシートベルトの着用は義務付けられていますが、
ハワイの場合は、全席シートベルト着用が義務付けられています。
もし、これに反してしまうと、92ドルの罰金をとられます。
現在は罰金がないかも。

さらに、チャイルドシートにも厳しく、
子供の年齢や体格など規定が
細かく決められているので、
注意してください。
詳しくはこちら

その他の注意

その他の注意として、
車から離れる際は、必ず貴重品は
もっていってください。
車上荒らしに遭うことがあります。

また、アルコール類のビンなどで
栓の空いたものは車内に置くことは
違反となっています。
栓の空いたアルコール類は、
トランクにしまっておきましょう。

最後に

アメリカの法律では免許が取得できるのは、
21歳以上です。
ですので、たとえ日本で免許を取得していても、
21歳未満の場合は、運転することができませんし、
レンタカーを借りることもできません。

また、日本の運転免許証だけでも
レンタカーを借りて、現地で運転することは
可能ですが、万が一違反したり事故を起こしたりした場合、
日本の免許証は現地の警察官には読めませんので、
国際免許証を持っておくことを強くお勧めします。

■ちょっと待った!海外でのスマホ使用

ちょっと気を付けなければいけないことは、ハワイでスマホを使用することです。
場合によっては多額のパケット料金が発生しますので、注意してください。

ハワイでスマホ使用で多額の請求・・・回避する方法は?

■スーツケースは買ったらもったいない??

あまり旅行されない場合、スーツケースを購入すると
高くついてしまい存することがあります。
そんな時は、スーツケースをレンタルされた方がお得になります。

コメントを残す




CAPTCHA